プロフィール

のぶ

Author:のぶ
テニス(結構やります)、マラソン(遅い)、育児(新米)、バイク(初心者)、ブログ(超初心者)

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
FC2ブログランキング
ブロとも申請フォーム
あし@

癒しのコーナー
可愛がってあげてね。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


--.--.-- -- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comments(-)
写真
感動のスタート


来年もこの瞬間に!

途中


楽しい道中


スポンサーサイト
2007.02.24 Sat | 東京マラソン 2007 | T:0 | C:0
東京マラソン(ゴール後)
感動のゴ~~ル
ホノマラの5:20:50を大きく更新

まずは、計測していた時計をストップ。
iPodを停止(ワークアウトを終了)させる。
まずは、ヒートジャケットなるものを頂戴する。
着ている人を見る、う~ん、なんだこれ
着ずにたたんだままとした。ヤッケも着ていたのであんまり寒くなかったし、自分のゴールの時は陽が差していたから…。

次は、
最後の1杯アミノバリュー
2杯いただきました。アミノバリュー様お世話になりました。どーも。

で、次は、バナナ!?
今頃ですか?でもお腹が減っていたし、せっかくですので頂きま~す。
実は私毎日1本お昼ご飯としてバナナをヨーグルトとともに頂いています。しかもここ何年も食しておりますので、将来はバナナ評論家になれそうなくらいです。結果として、やはり、高いバナナは熟すととてもおいしくなります。
今回のバナナには期待していなかったものの、空腹感がプラスαの味付けをして、相当美味かったです。

で、その次は?
おっ、メダルを首にかけてくれているぞ
もちろん、おじさん&おばさん&おにいちゃんを回避して
おねいちゃんへ
「お疲れ様でした」声がうれしい。

さ~て次は?
さあすが、大塚製薬「ソイジョイ」みのもんたを配布です。
なんでもよいから1本くださいという感じでした。おばさまありがと…

次は…
「東京水」
字を見ただけで不味そう
でも、試しに飲んでみたいという冒険心もある。頂戴する。
帰宅後、飲みましたが、特に感想はありません。

で、チップをはずしていただきました。
おじ様ありがと。

以上、いただきもの&サービスでした。

さあ、荷物だぞ次は。
えっなんなんだこの人の数は…
人、ひと、HITOです。
まず見て思ったのはトラックとトラックの間が狭すぎ
あ~んな狭いところに3台ずつ停めたらさらに狭くなるってことくらいあらかじめ想像がつくでしょう!!!!!!!事務局さん。
それでも荷物を受取らないと風邪をひきそうなくらい冷えてきたので、人も波に乗ることにした。ちょろちょろ動くが、埒が明かない。
しょうがないので、人の間を縫って進むことにした。
自分のトラックは結構真ん中変だ。やがてトラックに近づく、すると
罵声がすごい「はやくしろ」「なにやってんだ」
自分はそういうタイプではないので、とりあえずゼッケンをはずして高いところに上げて係員にみえるようにした。
すると、まもなく「380」とよばれたので「は~い」と明るく返事して荷物を受取る。こういう時って何かあるんだよな~。
一休さんのように「あわてない、あわてない」ですね。

さあ、着替えましょうと思ったら、混みこみ。
出口付近まで進み壁際をゲット。この時きがつく、「タオルが無い」
ことに。
しまった~。でも、機能性のシャツとタイツは汗を吸い取ってくれていたので、気にするほどではなかった。
が、しかし、次にパンツを脱げないことに気づく。
更衣室はビッグサイト全体だから…、もしあったとしても相当混んでいるだろうし…。
その時、さっきもらったヒートジャケットが目に入る。
「これ着て脱げばいいじゃん
結果として成功。隣の外国人も同じことをしていた。
「これが最後の難関ですね~」だって、うまいこというなぁ
ぼーっとしながら着替えた後は、さぁ、いざ、新幹線へ
できれば温泉があれば行きたかった。でも相当こんでるだろうからというのと、早く帰りたいのもあり帰路に。

電車の乗ろうと思ったら、品川行きのバスがでていたのでバスに乗ることにする。200円だ。座れたし。バス選択は正解だった。

車中でメールチェックお友達から着てる。
すべてスタート前に着信していた。スタート前は寒くて分からなかったなぁ~。(私は携帯をもって走りました(ポケットに入れて))。

みんなに完走の旨を伝える。わざと時間は言わない。
自分では相当満足していたので、もったいぶることにして、明日、仕事場にいったら言おうと思っている。

品川に着くと確かラーメン屋があったよな~と思ったが、時間も遅かったことと、まず、食欲があまりなかったので、なくなくやめることにした

でも、一息つくべくスタバへ、温かいコーヒーを頼むとサンドイッチ程度は食べられそうだったので、購入。
コーヒーでホッッ

新幹線も運よく座れたし、後は三島まで寝ないようにすることを考えていた。いまさらながらパンフレットを見ると走ったコースが思い浮かぶ。
本当に楽しかった。雨は寒かったけど、応援が暖かかった。
是非来年も出たいなぁと考えていたら三島に。よかった、寝過ごさなかった。
妻とチビが迎えに来てくれたので、車で帰宅。チビの笑顔を見るとほっとする。家族あっての自分ですな。

夜はもつ鍋。温かい、芯から温まるようだ。

チビと風呂に入るがすでに膝が痛い、明日が思いやられる。

今夜は早く寝るべし…でもなんだか興奮気味だな。

レースの感想はまたぼちぼち。

おちかれさまでした。


2007.02.24 Sat | 東京マラソン 2007 | T:0 | C:0
東京マラソン(中間地点~ゴール)
さて、中間地点を過ぎると有楽町から銀座に入ります。ここで21キロ

女房と結婚前によく銀座で待ち合わせをしていたり、デートの本拠地として銀座で遊んでいたので、とても懐かしい
でも、それも10年くらい前だから景色も変わっていた。

23キロ
日本橋を右に曲がるところで23キロ、ここから下町に向かうが、どこで人形焼きを出していたんだろう?昔水天宮の近くに人形焼の店があったような気がするけど…。

東日本橋の駅手前で25キロ、ここまでのタイム2:38:12ややペースダウンだが、計算上OKのペースダウン、このままこのスピードを維持したいところだ
ここで給水。

そうそう、10キロ地点でスタートから手に持って走っていたアミノバイタル3000mgを飲む(ホノマラでも飲んだやつ)。20キロでEXPOで購入したサバスのグリコーゲンリキッドを飲む、濃いぃけど美味い。スタミナ対策はバッチリだ。あと30キロでもリキッドを飲む予定。

とりあえずOKペースで浅草を目指す。だんだん良い匂いがしてきた。
昼時の浅草だよ~ごま油の香り。
自分のなかでのイメージは天ぷら
あ~腹減ったな~。それにしても人が途切れない、途切れるどころか増している
すごい人だ

浅草寺前を右に曲がる際、無意識のうちに外側に出て、わざわざ観客の前を通って、なんとなくアピールしている自分が怖い。
ほんのちょっとスピードアップ、かわいいもんだ

ぐるっと回ると来た道を帰ることになる。
両国付近で30キロ。3:10:31だ。いいペース。がんばろう。

と、なんとなく尿意が…、いや今はいいペースだから立ちションは×。
もう少し我慢してみよう。

でも、無理だった。日本橋でついに…尿意に負けました。ゴメンナサイ
コースに戻ってマイドリンク(ペットボトル)を飲もうとしたら、ふたが開かないかった。手が寒さで握力が奪われている、沿道の方に開けて貰おうかと思ったが、歯であけることができたので一件落着。
飲みながら歩いていたら、応援の方に「頑張れっ」て耳元で言われてびっくり!!端っこを歩きすぎたもよう。

やっと、銀座に帰ってきた。34キロ付近が三越だ。
反対側の車線(往路)ではバスがランナーを追いかけていた。回収だ。
残念だけどしょうがない。

歌舞伎座を過ぎると35キロ。3:46:56だ。
結構ペースダウン。ホノルルと同じでひざ上の内側の筋肉が痛くなる。痙攣の一歩手前だ。ホノルルでは痙攣を起こして遅い歩きになってしまった。
ここで完全なる「完走」はあきらめることにして、早歩きに切り替え走る筋肉を休ませるようにする。しょうがない

足裏の痛み(マメ)がこの筋肉痛によってまったく気にならなくなった。それは不幸中の幸いだった。

月島を右手に見ながら豊洲を目指す。キツイ

橋のアップダウンは耐えられない。上りはすべて早歩き…。下りからまた走るを繰り返す。

豊洲の駅手前で38キロ。ここのエイドでバナナと氷砂糖にありつく。
地獄で仏だ。気分が楽になりやや足取りも軽くなる。
でもそれは一時だった。40キロ付近から前を見ると遠~くの方にランナーが見える。気が遠くなる、まだあんなにあるんだ。
でもちょっと頑張ったら4:30:00が切れるんじゃない!?とか思ったけどそんな夢はすぐに打ち砕かれる。足が前にでない。よくマラソン中継や箱根駅伝を見ていて、「もうちょっと頑張ればね~」とか思うけど、ムリムリ

ゆりかもめの下走っていると日が差してきたことに気づく。途中35キロ過ぎにペースダウンからの寒さと風の冷たさに耐え切れず携帯していたヤッケを着用していたが、日差しはそれを必要としないほど暖かい。はじめから晴れてくれればいいのになぁ・・・

ビッグサイトが間近に見えてきて、41キロを過ぎると応援がまた増えてきた、歩きたい痛さもあるが、応援に後押しされてなんとか足を前にだしている状態だ。応援がありがたい。

道路から右に入るとゴールゲートが視界に入ってきた
「やったゴールだ」もう一分張り

ホノルルの最後の直線は相当長かったが、ここは適度な長さ、
手を上げて感動のゴール三連ビックリマーク
タイムは4:39:34だった。

東京マラソン(ゴール後)へつづく…




2007.02.20 Tue | 東京マラソン 2007 | T:0 | C:0
東京マラソン(スタートから中間地点まで)
流れにそって歩き始めたというか、小走りになってきたというか…。

どこなんだろうスタート地点?あめ~
ん~あのあたりかな!?都知事と河野洋平が高いところにいる!
おっ都庁前!って感じで急いでガーミンとiPodのワークアウトをスタートさせる汗汗

急に早くなって、流れに乗る。そうするといつものとおり「あれ」が…
そう、オシッコ。必ずもよおすんだよな~スタート直後。
我慢して走っていると新宿歌舞伎町のJRのガード下の壁に張り付く男ランナーたち、よ~く見ると
そう、オシッコ軍団!!。いけないことです。本当にいけないことだけど、
ご一緒させていただきました。ホッッ

さ~て、頑張るぞ~っと思いながら歌舞伎町前に。懐かしいなぁ~「ー
大学時代はよく来たっけ!パチンコしに!。かれこれ20年くらい前になる。
シェーキーズ(※ピザ)はまだあるのかな?なんて考えながら走る。

ほぼ6分ペース、はじめの5キロはあまりつっこまないようにしろって雑誌にかいてあったからその通りにしてみる。確かに前半であんまりつっこむと素人なりに後半に疲れがくるから。いいペース。
ビニールをかぶっていたけど、うっとおしいのと雨が小雨になったので、脱ぐことにする。脱いだら捨てず走路員の男性に一言「お願いします」と声をかけて手渡す

神楽坂の手前で5キロ。31分ペースだ、いい感じあんぱんマン

最初のエイド!あれ?
何もない!ボランティアの方たちがドリンクを渡さずに「がんばれ~」って手を振ってる。あれ?もう品切れ?

って走っていたら、その先にまだ山のようなドリンクが!
すぐに1カップを女性から頂く。給水の歩きは歩いたことにしない方針!!
今回の目標はホノルルの5時間20分50秒の更新と「完走」。
1杯飲んでさあっ、次の10キロまで行くぞ!

新宿から途中途中で、ビルの上の方を見上げ、看板や景色を見る。
明らかにおのぼりランナーだ。でも都会は刺激的で楽しそうだからかまわず
キョロキョロ

10キロは練習していた距離なので結構スイスイsugata
途中、人の数が減ったな~(街中に比べていないだけであって、途切れないくらいに応援してくれている。ありがたいことだ。)と思ったら
皇居の脇を走っていた。ここで9キロ

日比谷に入ったところで10キロを迎える。ラップタイム1:07:58。順調順調絵文字名を入力してください

そこで給水。またもや女性からいただくほっちなみにこのときから、今回はコップを路上に捨てず、走路員の男性またはゴミ箱に必ず入れることにした。(すでに5キロの給水でもそうしていたので)
そして立ちションのせめてもの罪滅ぼしにそうさせていただきます。
アミノバリューをいただく。実は自分でも腰ベルトに1本忍ばせているが、イザという時のためと後半の飲みたい時に飲めるように今はとっておいてある。
冷たくておいしい。雨で寒いものの前半なので汗をかいているからしみこむ感じ~。

ここから沿道の応援がすごくなる
事前に一度20キロは走っていたので、まだいけそう。
応援にも後押しされいいペース
12キロで増上寺。初めて間近で見る。その向こうには東京タワー。
やはりキョロキョロ

13キロで三田駅。たしか今日は慶応大の試験日といっていたが…なんて余分なことを考えて走っていた。
そうそう考えると言えば、今回は自分たちの仲間のランニングTシャツのデザインを周りの方々のを参考にして走りながら考えよって、このあたりで思った。無心になると、結構自分ではいけてるアイデアが浮かぶ。帰ったら早速イラストレーターをいじんなくちゃ。

15キロを過ぎて、折り返し手前のエイドによる。やはり女性からいただく。
今回のエイドはなんかすぐに次のエイドがあるので不安なく走れるな。
ラップタイムは1:36:05。おおっ順調!

折り返し地点を通過絵文字名を入力してください

余談。ガーミンの腕時計は衛星の電波をキャッチしてラップや距離などを教えてくれるんだけど、この都会のビル群に入ってしまうと電波が届かず、時折キロのラップが空白となっている。でも時計機能は問題ないのでEXPO会場のNIKEでもらったカリキュレーターで確認して走る。それ以外に頼るはnike+。

16キロ。なんとなく右足の裏の土踏まずが痛くなってきた。
この痛さはマメ。明らかにマメ。中敷というか靴自体に最初からやや不安があったことがここで余計に不安にさせられる。シューズはこの大会用に靴ぞこの厚いものにして3回30キロくらいしかならしをしていなかった。
う~ん、ごまかしごまかし…。

そんなことを考えていたらややペースが落ちてきた
近くにいる目標ランナーを探す。失礼ではあるが女性ランナーのペースがちょうどよさそうだったので、少し離れて着いていく。

17キロ付近。男ランナーが駐車場の金網に向かってオシッコしてるのが見える。
と、思いきやその向こうを電車が通過!丸見えだわ。よかった~
まだ、もよおさないで。
でも、そうまでしても用足ししたい気持ちはよ~く分かります。

なんて、余分なことをしていたら目標ランナーを見失ってしまった。ひょっと振り返るとコンビニに入っていった様子。トイレだったのか?

20キロ、19キロで増上寺を通過し、日比谷に帰ってきた。

給水でスポーツドリンクをいただき、ちょっと一息。

後半へ続く。





2007.02.20 Tue | 東京マラソン 2007 | T:0 | C:0
東京マラソン(出発からスタートまで)
三島始発の新幹線6:26発に乗っていざ東京へ!
おにぎりを2つと水のペットボトルを1本。
昨晩はパスタを食べて、炭水化物を摂取だ。

品川で下車、山の手で新宿へ向かう。
電車の中はランナー専用かと思えるくらいランナーランナーランナーsugata
電車の中…サロメくさいし、、、新宿駅到着。
一斉に下車。

混んでる混んでる汗汗
改札に長蛇の列。改札を出たらみんな着替えてる三連ビックリマーク
え~もう着替えてるの
え~い、俺はもう少し会場近くまで進むぞ
地下道の屋根部分がなくなった。それでも傘をさしてもう少し進む。
いささか不安になってきた。荷物預けるのに時間かかるかな!?
半地下のような店の入り口があったので、そこで着替え始める。
あらかじめタイツ等は自宅から着ていったので、ゼッケンをつけたノースリーブシャツ
を機能Tの上に着る。キャップをかぶる、アームカバーを着用、iPodを左腕に、ガーミンを右腕に、靴の紐を縛る。ビニールをかぶって準備完了。
そういえば、途中で国会議員の鈴木宗男にあって握手してもらったウインク

さあ、荷物預けトラックにGO!って、雨が相変わらず激しいなぁ…。

あれ?みんな東京メトロって書いてあるポンチョを着てるぞ!?
俺もほしいな~と思いながらも、面倒くさいので探すことなんか最初からしないで荷物汗汗荷物汗汗

え~っと俺のトラックは7番らしい、どこかな!?あったあった
結構、移動。でも私のスタートのHブロックには近い。

8時20分
時間があるので、念願のトイレへ「ア
着替えの段階からず~っと行きたかった。
まずは、荷物預けの1階から2階へ移動。ちょっと探すが、すぐに発見
臨時トイレに入ろうとしたら混んでいたので、すぐ後ろの公園トイレに入ったら雨宿り組がいっぱいいたが、用足しは空いていた。気持ちよくホッ

それにしても今から並ぶには寒すぎるし、雨がひどいので、Hブロック横のマンション駐車場にお世話になることにした。はじめは4~5人だったのにすぐに30人くらいになった。


ストレッチ&最初のゼリー。そして水。

8時40分
そろそろと思い、みんなが動かないけど落ち着かないので、ブロックに入ることにした。
傘をさしている人が居る。これって、自分は雨にぬれないけど、周りの人にその傘からのしずくが落ちていることを分かっているのかな?
ものすごい迷惑三連ビックリマーク
たまに人の頭を骨の先でこずいてくるし…。※この後、この男はスタートと同時に傘を柵の外側に放り投げた。
こんな人間にはなりたくないと強く思ったのでした。
さて、いつの間にか知事が大画面のむこうでお話をしています。

9時5分
車いすの部がスタートしました。ちょっと盛り上がってちょっと興奮。
あと5分でスタート。ドキドキハート
時計を見ると10分。
遠くでスタートの合図が聞こえた。興奮の坩堝。
誰かが何かを叫んでいるが、Hブロックじゃぁ簡単には進まない。

と、空から紙ふぶきが…、きっとスタートでシュパッってやったんだろうな、
と思いながらぼちぼち動き始めた流れにのって歩き始めた。



2007.02.18 Sun | 東京マラソン 2007 | T:0 | C:0
次のページ
ブログ内検索
Time
あなたの行きたい国に飛行機をとばしましょう。
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。