プロフィール

のぶ

Author:のぶ
テニス(結構やります)、マラソン(遅い)、育児(新米)、バイク(初心者)、ブログ(超初心者)

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
FC2ブログランキング
ブロとも申請フォーム
あし@

癒しのコーナー
可愛がってあげてね。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


--.--.-- -- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comments(-)
献血
先日、職場に献血車が来た。
事前に各課から一人はお願いしたい、と言われていたので
すっかり行くつもりに…。

課長が行った空いているとのことで、自分も行くことにした。

献血バスの外で問診。

いろいろ書いてある。
とりあえず質問に答えてバスの中に。

若干年老いた医師が待ち受けています。
(なぜ献血の医師は老人が多いのだろうか!?)
質問票を見て…

「イギリスに渡航されました?」
「ハイ。」
「一泊以上しましたか?」
「ハイ。」
「う~ん、今日は・・・」
「えっ?だめですか?」

※変異型クロイツフェルト・ヤコブ病(vCJD)に関連して、1980年以降にヨーロッパを中心とした約35か国に、厳重警戒地域では6か月以上、それ以外の地域でも5年以上の滞在歴がある場合
特にイギリスについては1980~96年に1日でも滞在した場合は献血ができなくなっている(後者は世界でもっとも厳しいといわれる日本だけの基準)。

私、1989年頃に研修で、ドイツ・イギリス・オーストリア・インドに行っております。
なので、上記のとおり、いわゆる狂牛病の疑いがあるらしいのです。
聞くところによると、まだ検査法が確立されておらず、当分の間献血できないそうだ。

ということで、ジュースだけいただきました。
ごちそうさまでした。

ちなみに帰国後20回くらい献血しているんだけどね。
スポンサーサイト


2008.08.23 Sat | 健康 | T:0 | C:0
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

ブログ内検索
Time
あなたの行きたい国に飛行機をとばしましょう。
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。